スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メリーゴーランドのつぶやき ショート

プチ物語
おじょうちゃんメリーゴーランドって
知ってる?

メリーゴーランドって
遊園地にある 馬の乗り物だよね

少女は 目を輝かせて
お話のピエロのおじさんの 紙芝居を聞いていた


ピエロは 紙をめくりながら

語りかける

ピエロ 「メリーゴーランドの お馬さんたちが
有名なんだよ」

少女 「お馬さん?」

ピエロ 「お馬さんたちの会話をおじょうちゃんに
教えてあげるね
おもしろいよ」


馬の回転木馬たちは
寝静まった 遊園地で
語り合うらしい。

「おいらなんか 今日へんなの
のせちゃったぜ。」

「あたしもよ 」

「オレも。」

口々に馬たちは 話をするそうだ。

「あなたはどんな人間をのせちゃったの?」

「おいらなんか 見かけは優しそうだったんだが
のっけてみたら
ものすげー悲惨なこころの持ち主で
重いんだ お前らは?」

「あたしなんか 女で やっぱり
優しいかなとか 思ってわくわくして
のせたら?
ひどい こころの悪臭の人間だったわ」

「そうよなぁ 最近の人間は
気持ちが 腐った 人間ばっかりだから
重たくて 疲れちゃうんだよな」

「みかけの通り 性格の悪いのは 覚悟して
のせるからいいんだけどさ」

「そうそう 軽い人間て 最近いないのかしら
あたしたち 疲れちゃうわよね」


ピエロ 「おじょうちゃんは 少なくとも
この お馬さんたちが
のせたがらない 人間になるな」

少女 「こころが 意地悪だと お馬さん
重くて大変なの。。」

ピエロ 「そうだよ 最近は
意地悪な人間ばかりだって
お馬さんたちは 自分たちが 重さで
壊れちゃうって 泣いてるお馬さんもいたさ」

少女 「かわいそうね。。」


少女は ピエロに やくそくした。


わたしは わたしのままでいると。

おばあさんになっても

お馬さんに 嫌われないように
きれいな こころでいると

少女は やくそくをした

ある夏の日の 夜の遊園地の

不思議なピエロおじさんの お話でした。

あなたは 重たくてのせたがらない
と お馬さんたちに
いわれちゃう人間ですか?

忘れかけた やさしさを

持った人間の国で あってほしいです。


メリーゴーランドを思いだし

想像の翼が ふくらみました。

このメリーゴーランドは。あくまでも 童話です☆







にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
にほんブログ村


応援よろしくお願いします。


同じ服のひと シリーズの
箸休めです(笑)

スポンサーサイト
同じ服のひと 第8話 | Home | 同じ服のひと 第7話

コメント

NoTitle

いいお話でしたね。
心が意地悪だと、メリーゴーランドの馬たちは思い荷物を運ぶことになるんですね…。
ピエロさんの言うとおり、まだ小さな子どもたちが
純粋無垢にメリーゴーランドを楽しめますように。

2014/08/24 (Sun) 23:28 | Sha-La #41Gd1xPo | URL | 編集
Sha La様

木馬たちは 心が醜い人間は
めっちゃ重くなるっていう(笑)
もう 重いひとだらけの世の中ですが
この女の子だけは
軽くあってほしいです
コメントありがとうございました♪

2014/08/25 (Mon) 00:07 | リラ #- | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。